TONAK BUQUE

ブログ BLOG

  1. Top
  2. ブログ

第3回 MUSUbeME

天王寺 ムスビメ ブックランドフレンズ 本 伊丹

縁あって本屋となった店主は、

 

元々、本を読むのが大の苦手。

 

ただの”ウリモノ”でしかなかった本が、

 

店主の人生を大きく変えていった。

 

挑戦、失敗、学び、成長、、、

 

もがいて、もがいて、全ての手を出し尽くした先に、

 

人か本との出会いがあり、

 

壁を乗り越え、その時に、

 

自分の応援団が実はずっといてくれて、その存在に気付けるそうです。

 

全国から人が集まる本屋になった河田さんの今の目標は、

 

読書人口を増やすこと。

 

「どうせ自分の本屋の売り上げをあげたいだけだろう」

 

と言われることも多いのだとか。

 

「本には人生を変える力がある。

 

本を読んだ方が良いのはわかっているけど、

 

読むのが苦手だと感じている人が多い。

 

そんな人にとって、読書の入り口になるような、

 

そういう店でありたい。」

 

そんな河田さんのお店で最近、

 

天王寺 ムスビメ ブックランドフレンズ 本 伊丹

貸本 喜多川泰 ブックランドフレンズ 本 伊丹

 

貸本がスタート!

 

新刊書店の貸本なんて、

 

私は聞いたことがありません、、、!!

 

これから河田さんがどんなチャレンジをしていくのか、

 

悔しいくらい楽しみです!!

 

そしてムスビメでは、

 

河田さんの講演第2弾を企画中です

 

今回参加できなかった方も、

 

お楽しみに!

 

TONAKBUQUE :-t 

 

 

〜〜〜ムスビメ第三回の感想をいただきました〜〜〜

 

 

本屋さん、本って事を通じて素晴らしい経験を積んでおられるのだなと思いました。

話の中で印象的だったのだが、「やれる事をやり尽くし人に、チャンスは来る。

うまくいかなかったその後に出会いは来る」

今の自分も今挑戦している事、自分の可能性に対して諦めたくない、

ゴールまで絶対に行く!って気持ちで日々挑戦してます。

本で影響を与えたいって言っていたのも今の自分にリンクして、

これからの自分の生き方で影響を与えて生きたいと話を聞いて共感と感銘を受けました。

 
 
 
参加させて頂きありがとうございました。
河田さんのお話を聞いて今の自分の仕事と重なる
部分があり、すごく共感致しました。
その中で特に印象に残ったのが
やりたいことを全力でやって悔いがないようにしたことで良い結果に繋がったという所でした。
私の今やっている仕事もとにかくがむしゃらに
悔いが残らないよう一日一日を大事に、最後まで
やりきろうと思いました。
貴重なお話をしていただきありがとうございました。
お話の後勧めて頂いた「アヴェマリアのヴァイオリン」
を読み、心がグッと熱くなりました。
電車で読まない方が良いと言われたのですが
つい電車で読んで涙が出そうになり
さすがに電車の中では泣かないので堪えました。
今生きている事が当たり前じゃないんだな、生きてるだけでも幸せな事なんだと感じ、
今全力で生きないともったいないと思うようになりました。
次回はオススメの本をもっと紹介して頂く会を
開いて頂けたら光栄です。
ありがとうございました。
 
 
 
即売会があったのは良かったと思います!
一度お店にも行ってみたくなりました。
河田さんのテンポでゆったり話してくれたのも良かったと思います。
畏まらずにリラックスして聴けました(^-^)
一つだけ、板書をもう少し字を大きく書いて頂けたらより良かったと思います。
 
 
 
こんぶさんとは付き合いもあり、どんな思いで本屋さんをされているかしっていましたが、
紆余曲折があり、いまのこんぶさんの思いに辿り着いたことを始めて知りました。
特にお話の中で、不況になりショッピングセンターができ、ピンチになったところを反対にチャンスに変えられたところ、
事故があり電車が通らないとお客さんが減ったがファンが必要なことに気づいたところが心を打たれました。

新たなステージ進む時には、必ず壁(ピンチ)が現れて、その先に成長があるのだと、
こんぶさんの人生に教えていただきました。
「成功のバイオリズム」でも説明されていたので、改めて再読したいと思いました。

ありがとうございました!
 
 
 
 商売は、売り上げだけではなく、人対人で成り立っているのだと感じました。
小さなきっかけで考え方が変わったり、人から貰うだけでなく、まずは自分からなんだと改めて思いました。
私もこんぶさんの本屋さんみたいに、行きたくなる場所や、会いたくなる人になっていきたいと思います。
人と人との出会いの大切さを忘れずに日々感謝しながら何事にも取り組んでいきます。
軌跡のお話をありがとうございました!
お店に行った時はまたお話ししたいです。
 
 
 
諦めずやり続ける事の大事さや、うまくいかない、だったらどーする!?に対しての行動力、
目の前の状況にとらわれず決めた目標や先に向かって進み続けると、
素敵な人との出会いや状況がうまくいくきっかけなどがあるんだなと、河田さんの経験から感じさせてもらいました。
活字が苦手なので本はあまり読まないんですけど、河田さんのプレゼンにより読んでみようと思います。
貴重なお時間をありがとうございました。
 
 
 
今回の話については、
人生の逆転劇、オンリーワンの戦略と
面白い内容でした。
よくを言えば、もうちょっとテンポよく
話してもらえると聞きやすかったかなと思いました。
あと自分の人生の変化に対応した書籍がこれというような
ストーリーにしたらもっとおもしろいんじゃないかなと。
若輩者が先輩に意見するのは恐縮ですが、
何かのお役に立てれば幸いです。
 
 
 
自分自身はまったく本を読まない、
買ったとしても、買ったことに満足して少し読んで読まなくなるそんな自分ですら、
お話を聞いて本に少し興味が出て来ました。
本は知識、教養をどんどん身に付けていくためのモノ。
だったらネットで良いと思ってましたし、物語も映画やドラマで見れば良いと考えてました。
本を活用して、自分自身の心をキレイにし、
成長もして、そして他者にもそれを与えていくというのが、印象に残りました。
河田さんのいろんなエピソードを聞くなかで、自分の心で考えたら、
自分のその時の環境や状況で取る本も読み方も感じ方も変わるし、成長するだろうなと感じました。
自分の人生の中に本という選択肢があっても良いなとおもしろそうだなと感じました。
ありがとうございました。
 
 
 
ブレイクスルーが、どのような時に起こってきたか?

・本人が想像できる事を全てやった後(出し尽くした後)

・人にチャンスを与えた後。

最後の最後に

人、本との出会い。

があり、ブレイクスルーする。

最後に誰かが手を差し伸べてくれるのではなく、自身の行動によって、その手を引き寄せてるんだと思いました。

私が言わなくても変わらず自身のスタイルを全うされると思いますが、これからも河田さんが手に取る本を通じて、沢山の日本人を目覚めさせて欲しいです。

日本人の素晴らしさ。

地球上で最も能力が高い日本人。

自覚がない日本人が多いですが、河田さんを通じて、たくさんの素敵な日本人が生まれるのを楽しみにしております。
 
 
笑えるエピソードも織り交ぜながらお話し頂け終始興味深々に聴くことが出来ました!

最初から上手く行ったわけではなく、もうどうしようもないと言う所までやりきった先に
新しい未来が開けたと言う言葉を信じ自分自身もやりきりたいと感じました。
拙い感想になりましたが、とても貴重な時間になりました。
ありがとうございました
 
 
 
 
自身がお薦めできる作品を取り扱うことで、

そのような作品を求めた顧客を惹きつけ、

多くの書店チェーンにはない魅力があると感じました。

この機会に出逢えた書籍から、

新たな思考や進路を見出せたらなと思います。

ありがとうございました

 

 

【ムスビメ動画はこちらへ】

↓↓

ムスビメ講演の様子